企業トップのメッセージは、企業の顔であり社会全体への約束です。スポークスパーソンとしての平時、緊急時の対応が会社を育て、守ります。

メディアトレーニング

実践的なトレーニングを通してメディア対応のスキルアップを図ります

企業トップによる説得力のあるメッセージは、会社を成長させるために不可欠です。企業トップの発言や表情、しぐさが、メディアを通じてステークホルダーや消費者の受ける印象を左右し、その後の事業展開に大きく影響を及ぼすこともあります。経験豊富なコンサルタントによって、インタビューから記者会見での質疑応答方法まで、実践的なメディア対応のトレーニングとアドバイスを提供します。

また、危機的状況が発生した場合、発生直後に起こりうる情報の錯綜や初期対応の誤りから二次的な危機を引き起こさないように、危機管理のスペシャリストが危機対応のための総合的なコンサルティングを提供します。危機を想定した模擬トレーニングや危機管理マニュアル構築など事前の体制づくりのサポートも行います。

メディアトレーニングフローチャート

メディアトレーニング

元記者による臨場感のある模擬取材を通じて取材対応の心構えを身につけます。

メディア対応トレーニング
実践的なレクチャーを通して、インタビューや記者会見を前にメディアの特性やメディアとの接し方を理解し、会見の目的を確認した上でメッセージを決め、 正しくメッセージを伝えるためのノウハウを習得します。
インタビュートレーニング
経済部記者などの具体的な取材相手を想定した模擬インタビューを体験して頂き、 主導権の取り方、メッセージの伝え方、記者対応のテクニック等を習得します。
プレゼンテーショントレーニング
プレゼン映像をレビューしながら、各自の癖など課題を認識した上で、スピード、抑揚、間の使い方など言語表現と非言語表現(印象)を修正し、的確にメッセージを伝える技術を向上させます。
緊急事態を想定したメディアトレーニング
詳細なシナリオを作成した上で、社会部記者が殺到した謝罪会見やぶらさがり取材を想定した模擬取材を行い、緊急時におけるメディア対応のノウハウを習得します。
英語でのメディアトレーニング
海外での個別取材、記者会見やプレゼンテーションを想定し、英語によるトレーニングも対応可能です。
メディア対応マニュアルの作成
現在の広報活動を調査、分析し、メディア対応のマニュアル作成、案件ごとに最適なアプローチメディアやスポークスパーソンの選定など、総合的なメディア対応プログラムを作成します。
TOP

危機管理対策

経験豊富なコンサルタントが24時間体制でサポート

危機対応戦略コンサルティング
危機発生時に情報収集および報道分析と波及の予測を行い、記者会見などのメディア対応を含めた危機対応のための総合的な戦略をコンサルティングします。
ステートメントの作成支援
緊急性が求められるプレスリリースなど会社が発表する声明文などの内容に関するメッセージングなどのコンサルティングを行います。
記者会見の設定とマスコミ対応
適切な記者会見の設定のタイミング、方法などを提案し、実際の会見の運営をサポートします。また、会見で想定されるメディアからの質問とその回答話法をアドバイスします。
ステークホルダー対応
管轄官庁をはじめとする当局への報告や住民対策などを支援します。
危機管理体制及びマニュアル構築
既存の危機管理体制及び危機管理マニュアルに対するアドバイスや緊急時を見据えた新たな体制作りやマニュアル作成をコンサルティングします。
TOP